ディック・ブルーナがおすすめ 2017年度ゃんとどうぶつえん

うさこちゃんミッフィーてどう違うんだろう?名作です。前回は自分用になり!今回は無事に甥っ子にプレゼントできました。物語として、動物園に行く内容だったので購入しました。

早速ご紹介!

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

ゃんとどうぶつえん ディック・ブルーナうさこちゃんとどうぶつえん改版 [ ディック・ブルーナ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

はっきりとしていて色もきれいで大人の私から見ても興味を惹かれる感じでした。うさぎが動物園に遊びに行くという、ぶっとんだお話で、読んでる親が頭が固いもので、納得できなくて、なかなか読んであげられていない本です。例えば”でんしゃ”ではなく!”きしゃ”だったり!すわって”いました”ではなく”!おりまし”ただったり・・・!それも面白いです。絵本の内容としては星5つです。シンプルな絵だしうさこちゃんはかわいいし娘は気に入っているようです。最近のミッフィーと比べると、耳が少しとがっていた頃のうさこちゃん。同じ本2冊目です。「うさこちゃんついておいで〜」「そしてふたりはきしゃにのり・・・」と絵をみながら暗唱していて子供の記憶力にびっくりです。お話もシンプルで分かりやすいと思います。とうさんの渋いセリフもいいです。ミッフィー好きの子供に。某所で推薦されている絵本なので!1歳の娘のために購入しました。姪っ子のプレゼントに。可愛い!タイトルページの裁断が良くなくて毛羽立っていたので!ギフトにするつもりが自分用になってしまい!もう1冊注文する羽目になりました。うさこちゃんシリーズの絵本は!娘はミッフィー好きなのでいいのですが!読み聞かせるのに内容がちょっとイマイチ!!と思っていましたが!この本は単純でわかりやすい。他の方のレビューの通り「きしゃ」など古い言い回しもありますが!それも温かみがあって私は好きです。。動物さんが大きくハッキリと描かれているので1歳4カ月の息子も好きそうです。うさこと動物園好きの2歳児に。動物好きの1歳半の娘へ購入しました。絵がとても可愛くて楽しめますが、あまりに言い回しが古いので−★で。大人には物足りないページ数ですが、子供にはちょうど良さそうでした。きしゃじゃないよーとかぞうさんがしろいよーなどとつっこみつつも気に入っているようです。娘には分かりやすいように読み替えています。翻訳の文体は古めかしいけれど!絵はいつ見ても新鮮で!長く楽しめる絵本だと思います。出てくる動物も全部言えるので!大満足のようです。大人が見てもかわいいです。私も読みましたし、子どもにも与えたくて買いました。本の大きさも大きなものより持ちやすいようで、この本をよく手に取ります。動物が動物を見に行くというわけですね。2歳時にちょうど良い大きさと文章だと思います。図書館で借りたらすっかり気に入ってしまって。色使いがいいのか!末の娘のお気に入りです。2歳の子供が図書館で借りて気に入ったので購入しました。とにかく大好きで繰り返し読んでいるうちに半分以上暗唱できるようになってしまいました。どちらかと言うとお母さんのほうが飛びついていました。